美容師コラム

親の死に目、美容師。

投稿日:2018年7月12日   更新日:


 

 

えー。

 

突然なんですが

父が亡くなりまして

 

 

もともと病んでいまして余命宣告はされていたので、亡くなった今でも心は落ち着いています。昨日、無事に葬儀も終わりました。

 

いや、暗い記事じゃないです。割と気持ちはスッキリしてますし。ええ、すみません。

 

 

本日は恩師が言った言葉についてです。

 

 

 

親の死に目と美容師

 

ところで、「親の死」と聞いて思い出すのが、以前勤めていた時の社長(先生)の言葉です。

 

「親の死に目に会えないのも美容師」

 

ブラックサロンでしたが、その中でも当時は衝撃的な言葉でした。これはどこまで本意かどうかわかりませんが、恩師から美容師とはそういうものだと教わりました。

古い考えだとは思うのですが、今では特に非常識とは思っていません。先生も美容に人生を捧げた方でしたので。

 

とまあ、「親の死に目に会えないのも美容師」。

賛否両論あると思いますが、こういうのは人それぞれ考え方が違って良いと思います。

 

実際に私も親の死に目には会えませんでした。ただ、実家が田舎だったので距離的にタイミングよく帰れなかったというのもあります。

お通夜、火葬と葬儀は、お店がたまたま休みだったので参加できました。

なので、お客様に予約をづらしてもらったり、キャンセルしてもらうってことは今回は一件もありませんでした。

 

 

いざって時に自分の考えがわかる

で、今回、「あー、そうかー」って思ったことがありまして

 

「人はいざって時に本意がわかる」ってことでした。

 

私は一人経営サロンで「セルフ社畜化」してるので、父が亡くなってからも仕事ベースで色々と考えている自分がいました。

実際に葬儀の日程も休みの日をリクエストしてました。

 

本来ならば出来るだけ早く帰省して亡き父に会い、方々に連絡したり葬儀の手伝いをするのが筋だと思います。

 

ですが今回、できるだけ営業に出てまして。どちらかといえば仕事の合間に参加している感覚がありました。

 

 

 

本当の意味は

私は美容業も好きだし、お客様を大切にしています。また一応、経営者でもあります。

 

実際に父親が亡くなったら、いやむしろ、亡くなる前から「お客様」のことや「売上」とか考えてしまう自分もいたんですよね。

 

ただ、自分で社畜化しといて都合がいいかもしれませんが、それらはこの仕事が好きだからお客様のことや売上のことを考えてしまう。そう思っています。

 

 

んで、「親の死に目に会えないのも美容師」ってのは実際にそういう状況になってみて意味がなんとなくわかったんですよね。

きっと先生は「とにかく忙しくいのが美容師」の意味で言っていたのではなく、「美容師は美容業が好きでお客様のことをよく考えている」という意味だったのかなと思いました…多分。多分ね!!

 

とまあ、先生の言葉の意味を父が最後に教えてくれたことかもしれません。

 

 

またこれは、美容師だからというわけでなく、仕事に情熱があればどんな人にも当てはまることだと思いました。

ただ私は「一人経営サロンの美容師」なので複雑な心境にもなりました。

 

何が正解とかはありませんが、後悔しない選択はできたと思っています!!

 

 

 

まとめ

もともと父とは最後に話せてましたし、彼も家族や身の回りのことは整理がついていたと感じています。そういったこともあって仕事のことを考えながら父を送ることができたと思います。

ただ、もし急に「倒れたから帰ってこい!」とか連絡が来たら、状況は違ってたかなと…

そして、訃報が届いた時に、もしお客様を担当していたら、もし予約がびっしり詰まっていたら、もし誰かに代わってもらうことができなかったら。

さて、どんな態度で臨むのでしょうか。その時になってみないと人の本意ってのはわかりません。

本当にデリケートな問題ですよね。

 

私も恩師と同じで「親の死に目に会えないのも美容師」という気持ちがわかります。ただ、今後もいざって時に後悔しない選択をしていきたいと思います。

 

ともあれ今回は無事に終わって良かったと思っています。天気も良かったしね。

 

 

 

ではでは。今日はこの辺で。

仕事じゃー。社畜じゃー。

 

 


サロンを辞めた理由:外に出たかった

現在、一人サロンでヒーヒー言いながら働いてます。LINE@の質問はこの人が解答します

このライターの記事一覧

 

カリスマ美容師って言葉にたまにイラ立つのですが…

古い世代かもしれない… ネットで「カリスマ美容師」って言葉が出ると「ビューティフルライフ」を思い出してしまう。ビューティフルライフはドラマも見た、小説も読んだ。懐かしい作品だ。 &nbs …

no image

【美容師のホンネ】これだけは勘弁してくれ。お客様にされて困る事№1

 お客様にされたら困る事 … シャンプーで 首の裏を洗う時に がっ っと、突然頭を上げてしまう   … まあ こんなものは 序の口だ!   もう今では …

no image

【美容師のホンネ】ハサミを落とす瞬間は時空の歪みを感じる

美容バサミ … 今 わたしは ハサミを落としている 嗚呼 我がハサミよ わたしはただ開閉したいだけだったのに 手を滑らしてしまった なぜだろうか もう落ちると知っているのに&hellip …

【働くこと】から離れて、どこかにいる自分を考える ~ダイアログ・イン・ザ・ダーク~

先日ダイアログ・イン・ザ・ダークに参加してきた  www.dialoginthedark.com  29 tweets 45132 shares 638&nbs …

【美容師になりたい高校生へ】もし「美容師はバカだよ」って反対されたら。

美容師になりたい高校生へ。もし「美容師はバカだよ」って反対されたら。  そういえば以前… こんな質問がきました    私の学校は自称進学校といわれてい …

悪の美容師事務所

美容師やサロン業界を独自の視点で考察する、新発見メディア